概要

 当センターは、時代の流れに対応した技術力の向上を図るため、広範な分野の総合的な試験・研究・指導機関として昭和60年に設立された「滋賀県工業技術センター」と、県内窯業の拠点として昭和2年に設立された「滋賀県窯業試験場」を、平成9年4月に統合し「滋賀県工業技術総合センター」として新たに スタートした県立の試験研究機関です。

 電子・機械・有機無機材料・食品・デザイン・窯業など広範な分野の研究開発用機器の開放拠点施設として、また業界ニーズに対応した技術開発の推進、その成果の技術移転、新製品・新技術開発に対する相談指導、産学官のコーディネート等の総合的な産業支援に取り組んでいます。

 今後とも、滋賀県産業の発展のため「真に必要とされるセンター」として(公財)滋賀県産業支援プラザ、(一社)滋賀県発明協会をはじめ、地域の大学、企業との連携を通じて、より広範な事業を進めてまいります。

沿革

できごと
昭和 2年 5月 滋賀県窯業試験場設立
昭和60年 4月 滋賀県工業技術センター設立
平成 4年 11月 別館「工業技術振興会館」竣工
平成 9年 4月 工業技術センターと窯業試験場を統合し、
滋賀県工業技術総合センターに改編
平成11年 2月 「企業化支援棟」竣工

使命

私たちは、県の産業振興施策の一環として、企業の技術力向上を支援し、本県の産業競争力強化を使命とします。

約束

企業と共に歩む技術支援の拠点をめざします。

  1. 企業の皆さんに役立つ技術や情報を提供します。
  2. 企業の皆さんに役立つ機器開放に努めます。
  3. 企業の皆さんに役立つ研究開発を推進します。
  4. 企業のものづくりを支える人材を育成します。

組織