試験機器利用

新製品の開発や生産技術の改良などに必要な試験分析機器を約300種開放し、企業のみなさまにご利用いただいています。 またご利用の際には、分析方法の指導やデータの解析の相談など、職員がサポートいたします。

ご利用案内

  • 機器の利用には、事前に電話等で利用日時等の予約をして下さい。
  • 機器の利用には、所定の用紙(試験研究用設備使用申請書)による申請が必要です。
  • 受付時間は、午前9時〜12時、午後1時〜4時です。
  • 機器の利用可能時間は、午前9時〜午後5時です。(機器によっては夜間の連続運転も可能)
  • 土曜日・日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日、年末年始(12月29日〜翌年1月3日)は業務を行っていません。
  • 滋賀県外(関西広域連合広域産業振興局参画府県は除く)の申請者からの利用は、料金(使用料)が2倍になります。
  • ホームページから、機器の仕様等の確認、申請書の入手が可能です。また、一部の機器については予約状況がご確認いただけます。

ご利用手順

  1. まずご予約ください、お電話(077−558−1500)でOKです。
    • 具体的な試験・分析内容をお知らせください。(内容に応じ、担当の技術職員へおつなぎします。)
    • 担当職員と相談の上、利用いただく機器と日時をご予約ください。(予約された場合でも、機器の故障等により予告なく使用できなくなることがあります。)
    • 機器によって試料品や試験方法の制限がありますので、試験内容を事前にご確認下さい。
  2. ご利用日当日、センターの技術受付へお越しください。
    • 試験研究用設備使用申請書に必要事項を記入の上、技術受付へ提出して下さい。
    • 担当職員が機器の取り扱い方法を説明します。
    • 利用者が操作し、試験・分析を行います。
    • 必要に応じて、技術職員が操作や結果の分析等についてサポートします。
  3. 料金をお支払いいただきます。
    • 利用時間に応じて使用料を算出します。(機器によってはウォームアップ時間を追加します。)
    • 料金は事務受付にて、当日お支払いいただきます。