安田吉伸( やすだよしのぶ

専門分野
金属工学 めっき 腐食防食
技術支援
金属工学
腐食防食
表面処理

研究

アモルファスナノ結晶を有したW系合金めっきの開発

概要
精密転写技術として利用されている電鋳技術は従来ニッケルや銅、またはそれらの合金めっきが使用されている。しかし、ニッケルや銅では①強度不足により厚膜化が必要、②耐久性不足などの問題があり、より高強度で機械特性に優れた電鋳技術が必要とされている。そこで高強度が期待できる鉄-タングステン合金めっき(Fe-W)に着目し高強度合金の開発を行った。
実績
開発したFe-W合金は従来電鋳材料やニッケル基合金めっきに比べHV850と高硬度であり、180°密着曲げを行なっても破断せず、皮膜中にクラックの発生もない高靱性を有している。このFe-W合金めっきはアモルファス(非晶質)であり、熱処理を行うことで、高硬度化することができた。